色 彩 学
the color
色(color)は光であるため、その存在を掴みとることはできないが、私たちの脳はそれを知覚できる
 
色彩は色の組合せ。色は3つの尺度で表現する。
 色は3つの基準、すなわち色相(Hue)、明度(Lightness)、彩度(Saturation)によって表現することができます。この3つの要素を「色の三属性」と言います。色相とは赤系、青系、緑系、紫系など色味の尺度です。明度は明るさの尺度で、明るい色は白に近く、暗い色は黒に近くなります。彩度は色の鮮やかさの尺度で、鮮やかな色は色味を強く感じ、鮮やかでない色は無彩色に近く感じます。無彩色とは色味がない色のグループで白、灰、黒などでのことです。  ちなみに、上の6色は高明度中彩度のグループになっています。
色相、明度、彩度の分類はいくつかの方法に分かれている。
色を上記の3つの尺度で表現し、それを体系的に表示するものを「表色系」と言いますが、これには様々なタイプがあります。色彩関連の書籍では①PCCS、②マンセル表色系、③オストワルト表色系、④NCS(Natural Color System)、⑤XYZ表色系などがよく紹介されています。それぞれの表色系は色相、明度、彩度を数値化する基準が異なっていて、特徴的にまとめられています。  日本で最も良く使用されている表色系がPCCS(本色研配色体系)です。工業系分野(塗料など)ではマンセル表色系がよく使用されています。
色彩をもっと探求してみよう。
 カラーオンは個々人が心身ともにより快適な生活を実現できるように、日本社会にもっと色彩意識を広めていきたいと考えています。色彩を意識する際に役に立つ「色彩学」をより多くの方に知っていただきたいと思っています。
<色彩学の基礎-その1>
・色とは
・色の視覚効果
・色の組合せが違うと
・色の三属性
・PCCS
・色相
・明度
・彩度
・トーン(TONE)
・色の不思議
<色彩学の基礎-その2>
・色彩調和
・配色の基本
・トーンオントーン配色
・トーンイントーン配色
・ナチュラル配色
・カマイユ配色
・フォカマイユ配色
・ビコロール
・トリコロール
・知っておきたい配色技法
<色彩学の基礎-その3>
・配色とイメージ
・カジュアル
・ナチュラル
・ダイナミック
・モダン
・シック
・エレガント
・ロマンチック
・クリア